糸満院

  • 〒901-0302 沖縄県糸満市潮平722
  • 098-994-1882

おもろまち駅前院

  • 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4丁目3-13
  • 098-868-1882

当院からのお知らせ

2023.08.31更新

『アジマイシン点眼液』に関するWEBセミナーが行われました

2023年08月29日(火)にZoomにて、『アジマイシン点眼液』に関するWEBセミナーが開催されました。

FIBAワールドカップ日本×オーストラリアの日でしたが、全国からたくさんのDrやスタッフが視聴されていました。

座長は近畿大学眼科 准教授/日本眼感染症学会 理事長『江口 洋先生』、演者は当院より『安里 良先生』と上天草総合病院 院長代理/熊本大学 客員教授『竹下 哲二先生』。

 

現在、様々な抗菌薬が乱立していますが、眼科診療においてどのように抗菌薬を使い分けているか、その中においてアジマイシン点眼液をどのように使用しているか、お話していただくといった内容でした。

 

今後の抗菌薬の選択として

 

・周術期はキノロン系を使用(これは変わらない)

・眼瞼関連疾患では、アジマイシン点眼薬を選択する。

・AMR(薬剤耐性)対策からもニューキノロン一辺倒ではなく、症例毎によって系統の違う抗菌薬を使用することを心掛ける。

 

とのことでした。

普段、抗菌薬に関しての勉強はしていなかったので知ることができて大変勉強になりました。

 

これからも職員一同、日々最新の医療知識を体得し、患者様により良い医療が提供できるよう研鑽に努めてまいります。

今回、このような素晴らしいセミナーを開催してくださった千寿製薬株式会社担当である吉住 康男様、誠にありがとうございました。(検査 高木)

投稿者: 安里眼科

2023.08.12更新

Vivity Summer Fes! に参加してきました

去る7月30日(日)に東京の虎ノ門ヒルズフォーラムにて、Vivity Summer Fes!が開催され、当院からは安里 良盛先生と安里 良先生が出席されました。

今年6月22日に最新の多焦点眼内レンズであるAlcon社製『クラレオン ビビティ(Clareon Vivity) 』ですが、当院がAlcon社より国内10施設『先行使用施設』と認定され、取扱いを始めました。

当院でも既に20例以上使用していますが、ほとんどの方は満足されています。多焦点眼内レンズのクラレオン ビビティ(Clareon Vivity)は最新の技術により、多焦点眼内レンズのデメリットを軽減し、同時に単焦点眼内レンズのメリットを持ち合わせた画期的な多焦点眼内レンズです。従来の多焦点眼内レンズでは夜間運転をする方には不向きでしたが、今回のクラレオン ビビティ(Clareon Vivity)はその様な方にも使いやすいレンズとなっています。

アメリカでは2020年より販売・使用されておりましたが、2023年に日本でも厚生省の認可を得ることができました。

最新の眼内レンズが気になる方はぜひ当院へお問い合わせください。(担当 外間)

 

投稿者: 安里眼科

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY