糸満院

  • 〒901-0302 沖縄県糸満市潮平722
  • 098-994-1882

おもろまち駅前院

  • 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4丁目3-13
  • 098-868-1882

ブログ

2023.09.22更新

2023年10月 安里 良盛先生 診察日についてのお知らせ

令和5年10月6日 金曜日 学会出席のため、

安里 良盛先生1日不在となります。

 

ご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。

投稿者: 安里眼科

2023.09.21更新

おもろまち駅前院 防災訓練・心肺蘇生+AED講習会を行いました

2023年09月16日(土) 安里眼科おもろまち駅前院にて、院内防災・救急訓練が実施されました。

防災訓練では、火災・災害時の患者様や職員の避難経路の確認、消火栓や消化器の設置場所の確認、火災警報が鳴った場合の初動対応の手順について確認を行いました。

 

平常時では触ることのない災害用器具の操作方法を確認することで、実際に災害の場面に遭遇した時でも落ち着いてスムーズに行動することが出来ると思います。

次に救急訓練では、講習用人体模型を用いて意識確認から速やかに心肺蘇生を実施するまでの一連の流れを確認しました。

胸骨圧迫法、気道確保法、AEDの使用方法など、参加した職員全員が実施しました。ほかにも緊急コール時の規定を確認しました。

このように訓練により救急時の知識と技術を身に着けることで、いざという時にも適切な対応が出来ると思います。

今後も患者様や職員にとって、安全で安心な安里眼科を維持していけるよう、定期的な防災設備の点検と防災訓練、そして救急訓練を実施していきたいと思います。(看護 松川)

投稿者: 安里眼科

2023.09.12更新

第41回欧州白内障屈折矯正手術学会(ESCRS)に参加されました

2023年09/08(金)〜09/12(火)にかけてオーストリアのウィーンにて第41回欧州白内障屈折矯正手術学会(ESCRS)が開催され、当院より安里 良盛先生、安里 良先生が参加されました。

前回、オーストリアで欧州白内障屈折矯正手術学会(ESCRS)が開催されたのが2018年になるので5年振りのオーストリアでの開催になるとのことでした。

たくさん人が参加されておりコロナ前と遜色ないほど活気に溢れており、盛り上がっていたとのことでした。

現在、世界の白内障手術分野では、ヨーロッパが最も進んでおり、最新の眼内レンズや白内障手術の機械を見ることができます。

今回は、OCT (光干渉断層撮影)の機器の進化が凄かったとのことでした。

かなり鮮明な画像で個人的に大変ビックリしました。

今後、日本でも導入される予定でしょうが、まだまだ先になりそうですね。

当院でも最新機器を積極的に取り入れ、患者様への負担を減らし、かつ正確な検査結果を出せるようにしていきます。

今後のOCT機器の進化が楽しみで仕方ありません。

来年、2024年の開催地はスペインのバルセロナになります。

これからも職員一同、日々最新の医療知識を体得し、患者様により良い医療が提供できるよう研鑽に努めてまいります。(検査 高木)

投稿者: 安里眼科

2023.09.12更新

2023年09月 安里 良盛・安里 良先生 診察日についてのお知らせ

第41回ESCRS(欧州白内障屈折矯正手術学会)参加のため、

令和5年9月3日(日)~9月12日(火)

安里 良盛先生

安里 良先生

両名は不在となります。

また、9月6日(水)と9月8日(金)は午後休診となります

 

ご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。

 

糸満院よりお知らせ

投稿者: 安里眼科

2023.09.12更新

安里眼科 糸満院 院内防災訓練・心肺蘇生+AED講習会を行いました。

9月9日(土)、安里眼科糸満院にて院内防災訓練・院内救急訓練を行いました。

防災訓練では業者の方を交えて火災・災害時の避難経路の確認や消防システムの確認等を行いました。

警報が鳴ったら全職員が落ち着いて行動し、安全に対応できる様に定期的に消防設備の点検及び避難訓練を実施していきたいと思います。

続いて、救急訓練では講習用人体模型を用いてAEDの使い方、心肺蘇生の手順等を確認しました。

また、迷走神経反射・脳卒中の患者様がいた場合の救急対応等などを再度確認する場もありました。

災害時・救急対応も同じで有事の際は初動対応と的確な判断が後の結果に大きく繋がる事を認識する事ができ、医療従事者として非常に有意義な時間を過ごす事ができました。

(受付部 外間 喜之)

 

投稿者: 安里眼科

2023.09.01更新

NGENUITY® 3Dビジュアルシステムのデモが行われました

2023年07月31日(木)おもろまち駅前院手術日に日本アルコン株式会社のNGENUITY® 3Dビジュアルシステムのデモが行われました。

 

手術用顕微鏡に3Dサージカルカメラを取り付けることにより3Dハイビジョンの画像を大型ディスプレイに映し出すことができます。

術者、手術室内のスタッフ全員が、同じ映像を共有することができるため、スタッフは事前に次に起こることが予測でき行動しやすいです。

また、術者はディスプレイを見て手術をするため「頭を上げて」手術をすることが可能となり、術中、無理のない姿勢を取ることができます。

 

前房の深さや前嚢切開、水晶体破砕、皮質除去などセクョンごとに色を変えて、より立体的に見えとても勉強になりました。

今回、全面的にサポートしてくだった日本アルコン株式会社担当である大井  章敬様、誠にありがとうございました。(検査 高木)

投稿者: 安里眼科

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY